グローバル・インドのいま

グローバル・インドのいま

2014-10-01

先日,卒業生が研究室を訪ねてくれました。1998年度生の山本達也くん,私の入社(入学)同期であり,ゼミ3期生でもあります。学部時代からユニークで,卒業論文も産関からは外れたテーマ設定だったので,手に負えなくなった私は,他大学の友人に指導を助けてもらったりしたこともありました。

卒業後は,社会学を深めたいということで京都大学大学院に進学。たま~に連絡をくれたり,偶然顔を合わせたり,何かの折に広島土産のもみじまんじゅうを持って来てくれたりしたこともありましたっけ。その後,まともに話をしたのは,確か博士論文を届けてくれたとき。テーマは「伝統/現代を生きるディアスポラ-北インド・ダラムサラのチベット難民舞踊集団TIPAを事例に-」。う~む,理解不能(笑)。でも,色々と話してくれる様子から,研究生活がとても充実していることがよく分かりました。

それからまた数年間音沙汰がなく,どうしているのかなと思っていたのですが(フィールドワークなどで飛び回っていたとか),今も変わらず京都大学で研究を続けているそうです。今回,一般向けの公開講演会・シンポジウムを広く告知してほしいということでしたので,ここでも紹介させていただきますね。詳しくは,以下のチラシ,リンクを参考にしてください。

インドか......。そういえば,卒業前にインドに行ってその魅力にはまってしまい(帰国してからも激しくお腹を壊していたというのに),卒業式を欠席してまでインドに出かけたゼミ生がいました(Mさん元気かな)。私はインドには行ったことがありませんが,最近立て続けにインド映画を観まして(「マダム・イン・ニューヨーク」と「めぐり逢わせのお弁当」),すごく前向きなパワーを感じました。ストーリーもそうですが,国そのものの勢いが画面から溢れているような気がして......。今度は「聖者たちの食卓」を観るつもりです。

【人間文化研究機構 第25回公開講演会・シンポジウム】
「グローバル・インドのいま―経済発展と民主政治」

image-1.jpg


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース