ラーニング・コモンズ再び

ラーニング・コモンズ再び

2014-07-12

*ラーニング・コモンズって,「ラーコモ」って言うんですってね。以下,「ラーコモ」でお送りします。

先日,FYSの授業を臨光館の教室からラーコモに場所を変更して行いました。5月にラーコモツアーを実施した際に,ここで授業をしたいという声が上がったので,「新町からここまで移動するの面倒じゃない?」と聞いてみたところ,それでもいいというのです。結果,気分が変わったのか,教室でやるよりも集中していたような気がします。むしろ私のほうが,2講時に新町での授業を終えて,ダッシュでランチをして,ダッシュでラーコモに駆け込んだ段階で疲れ果てておりましたが(笑)。

ということで,これまでアクセスが悪いからラーコモは利用しない(利用できない)という話は余り聞いたことがないのですが,それでも新町拠点の学生は,「ちょっとラーコモに立ち寄る」ということがしにくいのは事実です。いきおい足が遠のいているかもしれません。そこで,ラーコモでは以下のようなポスターを作られたそうです。新町キャンパスに掲示されているらしいのですが,見かけましたか?
image-1 (1).jpg
前回のエントリーで,「アカデミック・インストラクターやラーニング・アシスタントなどのスタッフの皆さんが,常にスタンバイしてくださっていることに計り知れない価値がある」と書きました。ポスターにあるように,「レポートの書き方を教えてほしい」「プレゼンテーションのアドバイスがほしい」「調査・分析の方法を教えてほしい」というような要望に随時対処してもらえるわけです。

最初そのことを聞いた時は,「それは助かる!」と思うと同時に,「それって本来,私たち教員の仕事だよね......」と考え込んでしまいました。いつでも遠慮なく研究室を訪れてほしいと思っています。しかし,実際問題として,授業があり,会議があり,出張があり,論文の締め切りがあったりする中で,直ぐに対処できないことも多々あります。そんな時に,先輩に相談するような感じで気軽にアドバイス(それも専門的な)をしてもらえる場(システム)があるというのは,どれだけ恵まれていることか。

違った角度からのアドバイスを受けられるというのも実に有用です。先生からの指摘で行き詰った時に,その先生からしか指導を受けていなければ,なかなか自力でブレークスルーを見出すことは難しいと思うんですね。もちろん,文献を読み込むことなどからも打開策が見えてくることはありますが,全く別の視点からのアドバイスは,ブレークスルーには欠かせません。私が学生だったら,自分の頭が足りない分は色々な人の頭を借りて,ありとあらゆる手段を用いて,次なる先生とのバトルに備えると思うけどな~(笑)。ホントに,私の学生時代にあってほしかったです,ラーコモ。

ということで,次回のコモンズカフェの案内も告知されております。
詳細は以下の通り。是非参加してみてくださいね。

**********

[第7回]同志社大学 グローバル地域文化学部 錢鷗
「新聞・TVだけではわからない現在の日中関係」

日時:2014年8月5日(火) 14:55-15:55
場所:良心館ラーニング・コモンズ 2Fグローバルビレッジ
参加対象者: 同志社大学に所属する学生,教職員
参加費: 無料
定員: 15名

8月は,グローバル地域文化学部教授の錢鷗先生をお招きします.
先生のご専門は日中学術史・比較思想文化史ですが,日中関係についても当然,深い造詣をお持ちです.
ここ十数年中国のメディア環境の変化・日本現代文化に対する認知が激変したとのこと.しかし日本にいるとなかなかそのような話は伝わってきません.
中国の現在の状況について自由にお話いただきます.
テスト期間の締めくくりとして,学年問わず,お気軽にご応募・ご参加ください!


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース