卒業生との思いがけない再会

卒業生との思いがけない再会

2013-07-27

久しぶりに純粋な教員コラムです。

去る7/25(木)、兵庫県立男女共同参画センター・イーブンが主催するセミナーで講師を務めました。与えられたのは「女性の労働経済~気持ちよく働くことのできる社会とは~」という、私にとっては普段あまり扱っていない、苦戦すること必至のテーマでしたが、こういう新たな挑戦ができることや、意識の高い受講生の皆さんとのやり取りが楽しみでもありました。

当日は2時間半という長めの時間が用意されていたので、最初に講義をして論点提示をし、それをもとに受講生の皆さんでグループワークをしてもらった後、全体で議論を深めようと計画していました。受講生は全部で60名くらいだったでしょうか。大半が女性で、非常に熱心に、集中して聴いてくださっているのが、話していてもよく分かりました。

無事に講義が終わり、グループワークまで10分ほど休憩を取った時のことです。まだテンションが下がり切らぬ中、近寄ってきた真面目で誠実そうな男性に声を掛けられました。

「産関の学生でした」
「先生の授業を受けました」

ひえぇぇぇぇぇという感じです(笑)。元教え子が受講しているとはつゆ知らず、想定外の事態に動揺が隠せません。矢継ぎ早に質問して分かったこと。かの男性は1997年度生の池田政光くん。私が同志社に着任した年に2年生で、統計論を受講して、ゼミは中田喜文先生で、同期生には○○くんとか××くんとかがいて......と聞いていくうちに、私のほうもそういえば、そういえば......と次々に想い出がよみがえってきました。

神戸で勤務している池田くんは、このセミナーの案内を見て、わざわざ参加してくれたそうです。それだけでも感激なのに、何が驚いたかといって、彼が学生時代のこと、そして私のことを実によく覚えてくれていたのです。自分でもすっかり忘れていたようなことを懐かしそうに話してくれて、何だか本当に、本当に......ホッとしました(笑)。

今もたいがいですが、当時は未熟で、力不足で、一生懸命ではあっても教える立場として褒められた振る舞いができていたとは到底思えないので、少なくとも池田くんの中では、そんなに嫌な先生ではなかったのだなということに心底ホッとして、卒業後10年以上たってから、こんなに嬉しいご褒美がもらえる幸せを噛みしめました。何より、産関育ちの卒業生が立派に成長して、しっかり社会を支えている姿に触れられるのは、この上ない喜びでした。

池田くんとの話は尽きず(10分しか休憩がないのに)、同期生の近況も色々と聞いたのですが、私もよく覚えているMくんが今、新聞記者として活躍していると知ってビックリ!どうしても学生時代のMくんの様子と新聞記者がつながらないのです(笑)。なんでも、産関時代のレポート書きが記事を書くのに非常に役立っているらしいのですが、本当かどうか確かめたいので、Mくん、これを読んだら是非ご一報ください!

その他にも、このサイトや私たち教員のサイトを見てくれている卒業生も多いと聞きます。何かの折には、気軽に連絡してくださいね。キャンパスの様子もかなり変わっていますので、見学を兼ねてのホームカミングも大歓迎です。たまには顔を見せに来てください。

池田くん、本当にどうもありがとう、お疲れ様でした。またゆっくりお話しできる機会を心待ちにしています。


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース