同志社香里高等学校の皆さんへ

同志社香里高等学校の皆さんへ

2010-09-03

 浦坂です。9/3(金)の産業関係学科説明会には、60名近い皆さんにご参加いただき、本当にありがとうございました。約1時間という短い時間でしたが、静かに、集中して聞いてくださって、とても気持ちよくお話しすることができました。心よりお礼申し上げます。

 さて、皆さんは産業関係学科についてどのような印象を持たれたでしょう?「こんな学科もあるのか」「結構面白い勉強ができそうだな」「何だか楽しそう」......そんな風に感じてもらえていたらいいなと願っています。皆さんに書いていただいたコメントシートを眺めながら、答え切れなかったことを少し補足しておきますね。

 まず、就職先、カリキュラム、研究テーマ、ゼミの内容、産関で学んだらどういう力が身につくのか、というようなことは、このHPやお配りした冊子、パンフレットを読んでもらえれば分かると思います。また、私たち教員がどういう研究をしているのかは、同志社大学HPの研究者データベースや個人HPでも調べることができます。なかなかバラエティに富んでいますよ。

 良い質問だなと思ったのは、「産関で学んだことは会社でどのように生かされますか」「どんな職業についても役立ちますか」というもの。例えば、働く人は様々な法律によって守られているのですが、そういうことを知らないままでいると、仮に「明日から来なくていいから」と言われたり、お給料を支払ってもらえなかったりしたときに、どうすればいいのか途方に暮れてしまいますね。泣き寝入りせざるを得ないかもしれません。

 そういうときに、きちんと対応できる力、あるいは周りで酷い目にあっている人がいたときに、手を差し伸べてあげられる力、こういうのも産関で学ぶことによって身につけられる力ですし、会社の中でも、どんな職業についても必要不可欠な力だと思います。

 「ニートのような働かない人について調べることはできますか」という質問もありました。確かに、家に引きこもっていたりするような人を調べるのは難しいですね。でも、大学では色々な工夫をしながら、働かない人の実態についても把握しようとしています。すでに多くの研究成果が得られていますので、本や論文を探してみてください。

 他にも、「ディズニーランドの人材獲得や育成に関心があります」「アジア諸国で日本のアニメが大人気なのに関心があります」といったことを書いてくれた人がいました。前者はそのまま卒論のテーマにした学生さんがいましたし、後者についても「アニメーター」という職業を切り口にして産関で扱うことはできそうです。

 進学先の選択肢としては、社会学部の他学科に加えて、法、経済、商、政策、美芸、文化史などが挙げられていました。法、経済、商、政策は、産関での学びと重なる点が多々あります。私自身、経済の出身ですしね。美芸や文化史になるとちょっと苦しいですが(笑)、芸術作品の中で「労働」がどう取り上げられているか......なんてことを考えだすと、道がないわけではない!と思います。

 10月になれば、社会学部では「授業公開」も行われます。大学での学びを一足先に体験するのも楽しいもの。そういう機会を十分に活用して、是非納得のいく進学先を選択してくださいね。来春、新町キャンパスでお会いできるのを楽しみにしています。


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース