チューターになりませんか?

チューターになりませんか?

2010-04-04

産業関係学科2〜4回生へ

                   社会学部産業関係学科社会学部主任 千田忠男

社会学部では、チューターを募集しています。

チューターとは、後輩たちの学習の相談相手になり、授業の質を向上させる活動をすすめることを目的にして基幹科目の各クラスに配置される上級生です。チューターは、同時に、学力や社会的スキルを高めることができます。その経験は就職活動や大学院進学時のアピールポイントにもなります。

あなたも、チューターの仕事をしてみませんか?

チューターを担当する科目を前年度までに履修していること、担当するクラスが自分の履修科目の時間割と重ならないことなどが必要です。採用された方には謝礼金を支払います(時給880円)。

2010年度、産業関係学科でチューター制を導入するのは以下の科目です。各クラスとも募集人数は2人です。

     『ファーストイヤーセミナー』 6クラス(春学期・金3)
      ①千田 ②冨田 ③三山 ④阿形 ⑤浦坂 ⑥森山

     『産業関係文献演習』 5クラス(春・秋学期)
      ①森山(火2) ②斉藤(火1) ③西村(月4) 
      ④石田祐(火5)⑤久保(水4) 

詳しくは、社会学部WEBサイトの教育GPのページで確認して下さい。

応募する人は、学生ID、氏名、担当希望科目・クラスを記入の上、4月16日までに下記ヘメールを送ってください。定員をオーバーした場合は、こちらで調整させていただきます。結果は順次、メールでお知らせします。

送信先は、GP事務室(渓水館1階)の西脇さん(ji-sha09@mail.doshisha.ac.jp)までお願いします。


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース