2017年度卒業式が行われました

2017年度卒業式が行われました

2018-03-21

小雨まじりの肌寒い3月20日(火)、15時より栄光館で卒業式が行われ、66名に学士(産業関係学)、2名に修士(産業関係学)の学位が授与されました。あいにくのお天気ではありましたが、振袖や袴、スーツに身をかためた卒業生たちの姿は凛々しく、晴れやかで、希望に満ち溢れていました。

卒業式終了後、場所を新町キャンパス臨光館に移し、17時より学科での学位授与式が行われました。この場には、在外研究中の阿形先生に代わってゼミをご指導いただいた表弘一郎先生、毎年必ず卒業生たちにエールを送ってくださる富澤理英子先生もご参加いただきました。両先生を含め、教員からのはなむけの言葉に続き、表彰が行われました。

2006年度から、産業関係学科の専門科目(必修・選択Ⅰ)の成績が特に優秀だった卒業生(上位3名)を「産関賞」として表彰しており、卒業式後の学科による学位記授与の席で発表し、その努力を讃え、記念品を贈呈しています。栄えある2017年度の受賞者は、以下の通りです。

最優秀 横田真美さん(石田ゼミ)
優秀  大木仁詞さん(石田ゼミ) 花畑奈生さん(浦坂ゼミ)

3名の受賞者にクリスタル製のメダル(金・銀・銅)が授与されました。
さらに、首席卒業生の横田さんには、副賞としてティファニーのボールペンが贈られました。

IMG_1434.JPG

加えて、2009年度より最優秀卒業論文も表彰しています。
1月22日(月)に行われた卒業論文の口頭試問を経て各ゼミから優秀卒業論文を選出し、それらを厳正に審査した結果、最優秀卒業論文1編、優秀卒業論文1編を決定しました。栄えある2017年度の受賞者は、以下の通りです。

最優秀卒業論文 平井晴香さん(浦坂ゼミ)
標題「大学における奨学金とキャリア形成に関する研究」

優秀卒業論文 横田真美さん(石田ゼミ)
標題「21世紀の新しい働き方-多様な人材活用を目指して働き方改革の方向性を考える-」

2名の受賞者にもメダル(金・銀)が授与され、平井さんには、副賞としてティファニーのボールペンが贈られました。今年度は、横田さんが産関賞(最優秀)、優秀卒業論文のダブル受賞者となりました。

IMG_1437.JPG

皆さん、本当におめでとうございます。
受賞を誇りとし、これからますます大きく羽ばたいてくれることを、心から願っています。

その後は京都駅前のリーガロイヤルホテル京都の場所を移し、心づくしの謝恩会を開いていただきました。卒業生の皆さん、特に幹事の皆さんには心よりお礼申し上げます。本当に楽しい時間でした。

IMG_1456.JPG

皆さんの将来が充実した、素晴らしいものとなりますように!


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース