2014年度卒業式が行われました

2014年度卒業式が行われました

2015-03-21

前日までの雨が嘘のような好天に恵まれた3月20日(金)、15時より栄光館で卒業式が行われ、86名に学士(産業関係学)、2名に修士(産業関係学)の学位が授与されました。この学年は、東日本大震災の直後、不安な気持ちに包まれて大学生活のスタートを切りました。あっという間の4年間でしたし、震災復興は緒に就いたばかりですが、それでも高校生の面差しを色濃く残した若者が、立派な社会人として巣立つところまで成長するだけの時間が流れたことに深い感慨を覚えます。どうか同志社育ち、そして産関育ちであることを忘れず、素晴らしい人生を歩まれますように。世の中の希望の光となってくれることを期待して、心からのエールと共に送り出したいと思います。

また、2006年度から、産業関係学科の専門科目(必修・選択Ⅰ)の成績が特に優秀だった卒業生(上位3名)を「産関賞」として表彰しており、卒業式後の学科による学位記授与の席で発表し、その努力を讃え、記念品を贈呈しています。栄えある2014年度の受賞者は、以下の通りです。

最優秀 黄震中さん(浦坂ゼミ)
優秀  片岡理絵さん(上田ゼミ) 羽地咲さん(冨田ゼミ)

IMG_7835.JPG

3名の受賞者にクリスタル製のメダル(金・銀・銅)が授与されました。
さらに、首席卒業生の黄さんには、副賞としてウォーターマンのボールペンが贈られました。

加えて、2009年度より最優秀卒業論文も表彰しています。
1月26日(月)に行われた卒業論文の口頭試問を経て各ゼミから優秀卒業論文を選出し、それらを厳正に審査した結果、最優秀卒業論文1編、優秀卒業論文3編を決定しました。栄えある2014年度の受賞者は、以下の通りです。

最優秀卒業論文 中村なつみさん(阿形ゼミ)
標題「さらなる『女性の活用』-組織の3次元モデルに着目して-」

優秀卒業論文 中村亜加理さん(寺井ゼミ)
標題「労働法における男女平等の現状と課題」

優秀卒業論文 片岡理絵さん(上田ゼミ)
標題「ゆとり教育からみる若年就労問題:苅谷インセンティブ・ディバイド論に対する批判的検討」

優秀卒業論文 黄震中さん(浦坂ゼミ)
標題「日系多国籍企業における人的資源管理-在中日系企業の事例を中心に-」

IMG_7876.JPG

4名の受賞者にもメダル(金・銀)が授与され、中村なつみさんには、副賞としてティファニーのボールペンが贈られました。今年度は、片岡さん、黄さんが産関賞(優秀・最優秀)、優秀卒業論文のダブル受賞者となりました。

IMG_7894.JPG

皆さん、本当におめでとうございます。
受賞を誇りとし、これからますます大きく羽ばたいてくれることを、心から願っています。


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース