大学生キャリアセミナー京都2009に参加して

大学生キャリアセミナー京都2009に参加して

2010-02-07

 1/8(金)に告知した「大学生キャリアセミナー京都2009」の第1回に参加しました。当日は雪が舞う大荒れのお天気でしたが、関西一円から沢山の1・2回生が京大に集まり(同志社からも何名か参加してくれたようです)、とても充実した時間を過ごすことができました。
 内容はこんな感じです。最初に主催者側からご挨拶や趣旨説明があり、引き続き「大学生の意識調査2009」という簡単なアンケート調査が行われました。これは、様々な活動に費やしている時間や身についた事柄、将来の見通しなどについて答えるもので、この後の私の講演の間に内容が分析され、参加者一人一人に結果がフィードバックされました。この結果を通じて、自分がどのようなタイプの大学生なのかを認識します。
 そして、いよいよグループワークです。まず3人組になってお互いに自己紹介した後、45分程度のフリーディスカッションが行われました。テーマは、大きく「将来について」と「大学生活について」。どのような職業に就きたいか(就職)や人生をどのように過ごしていきたいか(人生設計)、その将来に向けて何を頑張ればいいのか(目標や課題)、自分の当面の課題は「適応課題」(対人関係、活動など)か「成長課題」(勉強、読書など)か、などについて話し合いました。
 初対面であるにもかかわらず、そこは同じ大学生同士、話し始めると一気に距離が縮まったようです。すっかり打ち解けた雰囲気になってきました。終了後は、軽食をいただきながら懇親会。私もそこでは何人もの参加者の皆さんと熱く(?)語り合い、気がついたら19時を回っていました。外は相変わらずの吹雪で、震え上がるほどの冷え込みでしたが、気持ちのいい高揚感に包まれてのお開きとなりました。
 何かを教えてもらう場ではなく、自分のことをしっかり見つめ直し、自分で何かに気づくための場だったと思います。そして、気づいた後にどうするかが問われる場でもあったと思います。
 日々の大学生活をこんなもんかな~と思っている人、楽しくて仕方がない人、受け入れられなくて苦しんでいる人、色々な人がいました。その「色々な」感じが、どれも前に進んでいくため大きなパワーに転換できる可能性を秘めているように思うのです。
 そのためには、身近なところから目標を立て、課題を見出し、あがくこと、もがくこと、何度も何度もやってみること、そういうことでしか道は開けない......今回のセミナーに込められたメッセージに、本当にその通りだなと深く共感しました。「今できなければ、この先もずっとできない」という言葉が、私の中でも強く響いています。
 このセミナー、第2回、第3回が以下の要領で実施されます。新たに参加することもできるようですので、関心のある人は是非問い合わせてみてください(PDFファイルを参照のこと)。

 第2回 4月17日(土)14~17時
 第3回 8月3日(火)10~14時
 場所:京都大学吉田南キャンパス
 参加資格:関西の4年制大学1・2回生 定員100名
 参加費:無料(要申し込み)


大学生キャリアセミナー2009.pdf

PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース