産業調査実習・中間報告会

産業調査実習・中間報告会

2009-11-27

 11月20日(金)の1・2講時、産業調査実習・中間報告会が行われ、6名の3・4回生が研究発表を行いました。プログラムは以下の通りです。(当日の写真を、文章の下に掲載しています。)

1. 西陣地区商店街の活性化について -住みやすい商店街を目指して-(中村 透)
2. 社会人はなぜ大学院で勉強するのか? -社会人大学院は投資か消費か-(中川 謙) 
3. インターンシップ採用がもつ有効性 (富永千尋) 
4. 大学非常勤講師のストレスに関する研究 (早川 洋行)
5. 社内行事による仕事意識の変化 -職場の人間関係からみて- (朝比奈 祐一)
6. 体育会学生と就職活動 -体育会という環境作用について- (蘭 直樹)

 実に多種多様なテーマが並んでいることにお気づきでしょうか。これは、個人個人の経験や関心を活かし、主体的に取り組めるテーマを選んだ結果です。例えば、蘭直樹君は自身の体育会の活動から感じたことをテーマにしていますし、朝比奈祐一君もアルバイトの経験から、職場の人間関係を築くのに飲み会が重要であるという視点から研究を行っています。産業関係学科は「働くこと」を扱う学問分野ですが、一言で「働くこと」と言っても、これだけ多様なジャンルと結びつき、且つ生活に密接した学問であることがお分かりになると思います。
 また、我々教員は、学生が主体的に取り組めるテーマを選択することを奨励しています。よく「大学の勉強は役立つのか」と聞かれるのですが、答えはYesもでありNoでもあります。というのは、いくら良い教育を行っていたとしても、学生が受身の姿勢のままでは、全く効果がないためです。言い換えれば、主体的に取り組めば、例えどのような内容でも勉強になり、将来の礎となります。今年の6名に限らず、今まで私が関わってきた学生の中にも、主体的に研究(勉強)に取り組むことで、短期間に飛躍的に力を伸ばす例をたくさん見てきました。それはさながら、RPG(TVゲーム)でキャラクターがレベルアップしているかのような感覚です。突然、論理的に物事を考えられるようになったり、するどいつっこみ(指摘)を入れられるになったりするのです。
 ただし、このような感覚は自分自身と戦って経験値を積んだ人にしか味わえません。教員にできることは、どのような経験を積めばレベルアップするかを指南することだけです。RPGで町の人や国の王様の話を手がかりに物語を進めるように、我々の言葉を手がかりに(しばしば反面教師にもなりますが)、自分を磨いていってほしいと考えています。


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース