産業調査実習中間報告会の開催

産業調査実習中間報告会の開催

2009-11-11

11月20日(金)に、産業調査実習の中間報告会を"臨光館302教室"で行います。
3,4回生6名が、春から取り組んできた各自の研究について、報告します。
研究計画だけでなく、実際に企業にヒアリングに行った事例やアンケート調査の集計結果などを踏まえて発表しますので、後々調査を自分で行いたいと考えている1,2回生や、研究のやり方、論文の書き方がいまいち分からない人など、どなたでも来聴できますので、奮ってご参加ください。
プログラムは以下の通りです。

1. 西陣地区商店街の活性化について -住みやすい商店街を目指して-(中村 透)
2. 社会人はなぜ大学院で勉強するのか? -社会人大学院は投資か消費か-(中川 謙) 
3. インターンシップ採用がもつ有効性 (富永千尋) 
4. 大学非常勤講師のストレスに関する研究 (早川 洋行)
5. 社内行事による仕事意識の変化 -職場の人間関係からみて- (朝比奈 祐一)
6. 体育会学生と就職活動 -体育会という環境作用について- (蘭 直樹)


PageTop
  • 産業関係学科とは
  • 4年間の学び
  • 授業紹介
  • 教員プロフィール
  • Q&A
  • 就職を語る
  • 進路・就職実績
  • 受験生の皆様へ
  • 大学院のご案内
  • from SANKAN
  • 社会学部産業関係学科 Facebookページ
  • 学科紹介ムービー
  • “働く”を学ぼう-仕事と社会を考える-
  • “同志社社会学部卒論データベース